前へ
次へ

結納に関して事前に知っておくこと

恋愛の間は、二人だけの付き合いで完結をしますが、結婚となりますと家庭を築くことになり、両家との付き合いが始まります。
結婚をすることが、二人の間で決まったなら、両家への結婚の挨拶をおこなうことになります。
両家に結婚を認められたら、両家の結びつけとして結納をおこなう必要があります。
結納の内容は、地域によって色々とありますが、最近では簡略化されて来ています。
結納の中で気になるのが、結納金になります。
元々は、花嫁衣裳として着物を男性側の家から女性側の家へ贈ることから始まったと言われています。
やがて、着物が嫁入り道具を揃えるためのお金になったと言われています。
結納金の金額は、地域によって差がありますが、100万円が一般的です。
結納金は、男性側の家から情勢側の家へ贈られるものですので、女性側の両親が受け取る事になります。
よって、使い道は両親が決めることになりますが、結婚式の費用や新婚生活を送るための家具など嫁入り道具に使われることが多いです。

大阪で婚活するならハイステータス結婚相談所LIEBE

1:1で要望を聞いてくれる京都の結婚相談所

Page Top